11月5日の企画 講演と対談の後はアトラクション「タヒチアンダンス」をお楽しみください! 

タヒチアンダンスは南太平洋の楽園タヒチに古くから伝わるダンスで、ポリネシア人により人々の暮らしに欠かせない文化として発展してきました。フラダンスはハワイ・タヒチアンダンスはタヒチ、ルーツは同じですがそれぞれ別々に進化し現在に至っています。どちらも踊りで物語を表現し、フラダンスは手・タヒチアンダンスは腰の動きに特徴があります。

今回、タヒチアンダンスに出演される いとうゆうこ氏から、ダンスの魅力や見どころについてメッセージを頂きましたのでご紹介します。

≪メッセージ≫

タヒチアンダンスはドラムなどの打楽器や、ウクレレの演奏に合わせて踊るタヒチに伝わる伝統舞踊です。透き通る海や美しい草花など、自然に恵まれたタヒチの土地への敬愛、祖先への感謝を踊りで表現しています。しなやかで優美な動きではありますが、踊れるようになる為には練習と努力の積み重ねそして心を1つに結束して踊ることが重要です。

ORI MANU(オリマヌ)のメンバーは、ダンス歴も年齢も個性豊かです。タヒチアンダンスを通して仲間との出会いや団結して努力すること、その上得られる達成感にとてもやりがいを感じています。

 自然をモチーフにした華やかな衣装、ダイナミックな動きを楽しんでご覧いただき、南国の陽気で明るい雰囲気を皆様と共有できれば幸いです。
タヒチアンダンス  いとうゆうこさん
 いとうゆうこ氏
タヒチアンダンスその1 (2)